梅毒の症状の段階|尿漏れの種類と原因を知る|泌尿器科を受診する

尿漏れの種類と原因を知る|泌尿器科を受診する

看護師

梅毒の症状の段階

女医

性病とされる感染症には様々な種類が存在し、その一つとして「梅毒」が挙げられます。梅毒というのは、スピロヘータ科に属する梅毒トレポネーマと呼ばれる細菌に感染することによって引き起こされる性病です。江戸時代から日本国内で見られている性病で、近年ではその感染者数が増加している傾向が見られています。これは、性に対する価値観の乱れが原因となっていると言われ、梅毒だけでなくその他の性病における感染率の増加も懸念されます。ここでは、梅毒の症状を知っていきましょう。まずは、第一期症状についてです。梅毒には第一気症状から第二期、第三期、第四期が存在します。また、場合によって第一期・第二期・潜伏期・第三期(晩期)といったように進行状況が異なって現れることもあります。

第一気症状は感染から三週間または三ヵ月程度で現れ、その症状としては感染した部位の皮膚・粘膜に初期硬結が現れるのです。初期硬結というのは、小さな赤い隆起のことを指します。この症状は男女関わらず現れますが、痛みが無く数週間で自然に消えます。そのため、気に留めない人が多いようです。しかし、初期硬結が消えたからといって、梅毒が治ったという訳ではないのです。初期硬結が消えた後には、感染から3か月後または3年程度後に第二期が訪れます。第二期では全身の皮膚及び粘膜に赤い発疹が現れるようになり、手足に集中して見られるでしょう。この症状も痛みや痒みは無く、自然に消えていきます。その段階で治療を開始できれば問題ありませんが、第三期から四期まで症状が進行してしまうと、皮膚や器官、筋肉、骨等の組織にしこりやこぶ状の腫れが現れるようになるのです。その状態から症状が更に進行してしまうと、心臓・血管・神経まで浸食されてしまい、日常生活に支障をきたすような様々な症状が現れた後、死に至るでしょう。